別名・言祝ぎ(ことほぎ)のワーク。
Seed of Lifeのオリジナルメニューです。


2019年12月に降りてきました。
別名・言祝ぎ(ことほぎ)のワークとも。
シードオブライフのオリジナルメニューで、
細胞の一つ一つが光であることを思い出すためのワークです。
肉体やオーラに働きかけて、ただただ光に戻るための
変容のエネルギーを降ろしていきます。
細胞の記憶をアンインストールしていく作用があります。
おひとりおひとりに合わせてワークが進み
無条件の愛・コントロールしない愛のエネルギーで満たしていきます。
お受けになるたびに、その方のペースで波動が上がっていきます。

「光に戻るワーク」と「ことほぎのワーク」は、ニュアンスが異なるようです。
「ことほぎのワーク」のほうは、儀式的・神事的な要素が含まれます。
お好きなほうをお選びくださいませ☆

強力なワークですが、その割には比較的柔らかに進むようです。
起きてくるようにみえる様々なことに、いちいち対応しないで
丸ごと新しくアップしていくための
ヒーリング、次世代ヒーリングともいえるかもしれません。
これからの時代に必要なワークということでした。




体験者の声 個人の感想です。
光に戻るワーク

淡く白く光るとても優しいエネルギーとともに、光の粒子が螺旋を描いて、雪のようにハラハラと降り注いできました。それが、身体に触れると、すうっと浸透して細胞の核へと入っていき、そこへどんどんと吸い込まれるように光の粒子が入っていくと、今度は細胞核が静かに強く光輝き、それが全身を包んで光の繭となりました。

光の繭の中で、私は融けてしまい、ただの光となりました。耳元では、「私は光、光は私、私たちはひとつです。」と聞こえてきて、それが終わりまでずっと聞こえていました。その声は、一人の声というよりは、たくさんの人の声が一つになったような感じがしました。